オゼンピック|2型糖尿病治療剤(持続性GLP-1受容体作動薬)

MENU
SCROLL

オゼンピック

2型糖尿病治療剤(持続性GLP-1受容体作動薬)

オゼンピックとは

日本では未認証のため、必ず医師の診察が必要な薬剤となります。オゼンピックは血糖値を下げるホルモンであるインスリンの分泌を血糖値に応じて促進させ、 同時に血糖値を上げるホルモンであるグルカゴンの分泌を抑制します。1日1回の皮下注射で優れた血糖改善効果を示し、単独療法では低血糖を起こしにくい薬剤です。

GLP-1とは

GLP-1は元々体内に存在するホルモンであり、食用抑制効果があります。薬剤として投与することで結果的に体重の減少が期待できます。

オゼンピックの副作用・リスクについて

オゼンピックの主な副作用としては、胃腸障害(便秘・吐き気・食欲減退・腹痛など)・頭痛・めまい・倦怠感などの低血糖症状がみられます。重篤な症状は非常に少ないですが、異常が出られた場合は医師にご相談ください。

当院で取り扱いのある関連薬剤

内服タイプのGLP-1受容体作動薬。
・オゼンピック
リベルサスと同成分の注射タイプのGLP-1受容体作動薬。投与が週1回で良い。

オゼンピック
のよくあるご質問

オゼンピックの保管方法について教えてください。
未使用の場合、冷蔵保管してください。※凍結しないように低すぎる温度では保管しないでください。開封後は直射日光を避け、1~30℃以内の室温で30日以内に使用して下さい(冷蔵保存可)。


料金のご案内

通常価格 0.25mg 4本 20,000円
通常価格 0.5mg/4本 25,000円
通常価格 1.0mg/4本 42,000円