HAABビューティークリニック横浜院|美容皮膚科・内科・医療痩身

予約相談
WEB相談
SCROLL

NEWS

新着情報

ダーマペンとは

2021.08.30

新着情報

ダーマペンとは、非常に細い針を使い、意図的に肌に目に見えないほどの小さな穴を開けることで、美容効果を得るという治療法です。肌に針で穴を開けようと思うと、皮膚に傷がついてしまいます。しかし、私たちの肌は、外部から何かしらの刺激を受け、傷がついてしまった場合、それを治そうとする「自然治癒力」という能力が備わっています。

その際に、肌の真皮にある「線維芽細胞」が活性化し、コラーゲンやエラスチンといった美肌を促進する成分が生成されるのです。ハリや弾力などの効果があらわれる他、毛穴の開きやニキビ跡の改善にも効果が期待できます。これは、皮膚の新陳代謝であるターンオーバーが促進されることが大きな理由です。

若々しい肌を手に入れたい多くの女性が、ダーマペンによる施術を受けているようです。得られる効果は非常に魅力的ですが、痛みはないのか、ダウンタイムはあるのか、施術の回数など、ダーマペンによる施術に対して様々な疑問を抱いている方がいます。痛みに関しては、施術を行う箇所に麻酔クリームを塗りますが、施術中にチクチクとした痛みを感じる場合もあるようです。

感じる痛みの強さには個人差がありますが、そこまで強い痛みは伴いません。また、施術終了後のダウンタイムについても個人差がありますが、赤みや出血、腫れ、むくみなどが生じる場合があります。それぞれのクリニックで、ダウンタイム中の過ごし方をよく聞いておくと良いでしょう。

1回の施術でも肌に大きな効果を与えることが期待できるダーマペンですが、1ヶ月ごとに4~6回施術を続けていると、より効果を発揮すると言われています。ニキビができやすい方や毛穴が気になる方、肌にハリ・潤い・弾力が不足している方など、肌に関する悩みを抱えている方に適した治療法です。

この記事を書いた人

HAAB横浜
HAAB横浜編集部
HAABビューティークリニック横浜院が解説する、美容医療のお役立ちコンテンツ。

記事のカテゴリ