HAABビューティークリニック横浜院|美容皮膚科・内科・医療痩身

予約相談
WEB相談
SCROLL

NEWS

新着情報

ADSCとは

2021.08.30

新着情報

ADSCとは、Adipose Derived Stem Cellsの頭文字を取った略称で、「脂肪組織由来幹細胞」を指す言葉です。美容業界では近年注目されている「再生医療」や「アンチエイジング」の分野で活用されています。

人間の体には約60兆個にも及ぶ細胞が構成されており、その中には「幹細胞」と呼ばれる細胞があります。幹細胞の中でも「多能性幹細胞」と呼ばれるものは、自分自身をコピーしてもう1体の細胞を生み出す能力(自己複製能)と、別の細胞に分化できる能力(多分化能)という2つの特徴を持っています。

もう1つの「組織幹細胞」と呼ばれる幹細胞は、その組織に関係する細胞のみに分化・複製できます。組織幹細胞の一種であり、脂肪組織に由来しているのが「ADSC」です。

基本的に組織幹細胞はその組織に関係する細胞のみを対象としているため、ADSCも脂肪組織に関係する細胞だけに分化するように思えます。しかし、ADSCは脂肪組織以外にも肝細胞や骨細胞、心筋細胞、軟骨細胞、神経細胞、血管内皮細胞など、様々な細胞に分化できることが判明したのです。

形成外科の現場では既にADSCを活用し、顔面に大きな凹みができた人のADSCを抽出・培養し、顔に移植することで凹みを緩和させる手術も実施されています。美容外科でも少しずつADSCを取り入れた治療が確立してきているのです。

ADSCを取り入れた治療は、患者本人のADSCを抽出・培養することから免疫拒絶の問題をクリアすることができます。今後製剤化を目指した場合に、患者本人以外のADSCを取り入れることになるため、そこで副作用が発生するリスクも考えられます。

前者の患者本人のADSCを抽出・培養する治療方法が安全性も比較的高いものになりますが、抽出・培養するために高度な技術と専用の設備が必要となってくるため、コストは高くなってしまう傾向にあります。

この記事を書いた人

HAAB横浜
HAAB横浜編集部
HAABビューティークリニック横浜院が解説する、美容医療のお役立ちコンテンツ。

記事のカテゴリ