HAABビューティークリニック横浜院|美容皮膚科・内科・医療痩身

予約相談
WEB相談
SCROLL

NEWS

新着情報

G-Cogプレス(Gコグプレス)とは

2021.08.30

新着情報

G-Cogプレス(Gコグプレス)とは、スレッドリフトと呼ばれる施術の一つで、人体に自然と吸収される特殊な糸を使うことで、メスを使わずリフトアップやボリュームアップを行う、切らないたるみ治療です。G-Cogプレス(Gコグプレス)で使用する糸には、外科手術などで実際に使用されているPCL素材でできた安全性の高い医療用のものが使われています。およそ2年で体内に溶けて吸収されるだけでなく、コラーゲンブースターの役割もあると言われており、美肌効果が期待できます。

これは、施術後に挿入した糸の周りで繊維芽細胞が刺激されることで、コラーゲンやエラスチンの生成を促すためです。一般的に糸を使用するリフトアップでは、糸の周囲にコグとよばれるとげがついたものを使います。

しかし、G-Cogプレス(Gコグプレス)で使用する糸は鉄条網型の特殊形状をしています。この形状によって、皮下組織と密着する面積が広くなり、糸と皮膚が合わさることでたるみをしっかりと引き上げてくれます。

糸自体は柔らかいため、皮下組織との馴染みもよく自然な仕上がりが期待できます。G-Cogプレス(Gコグプレス)治療後すぐは、個人差はあるものの腫れや浮腫み、痛みがありますが、他の糸に比べると少ないです。

また、術後数日~1ヵ月ほどで気にならなくなることがほとんどです。さらに、治療後すぐでも針を刺した箇所以外はメイクができるなど、ダウンタイムの短さが特徴です。

G-Cogプレス(Gコグプレス)は、フェイスラインや、インディアンライン、頬骨下などの部分のリフトアップに適しているため、顔のたるみが気になる方や、フェイスラインをすっきりさせたい方、肌にハリを出したい方などにおすすめです。

この記事を書いた人

HAAB横浜
HAAB横浜編集部
HAABビューティークリニック横浜院が解説する、美容医療のお役立ちコンテンツ。

記事のカテゴリ